長い長いメッセージ

最近僕は主に知り合いとのやりとりする手段として、LINEを使っています。
(まあ、多くの学生がそうだと思いますが…)

昔からの友達や、フランクな付き合いをしている人とは、「うん」とか「おー」とかっていう短いやりとりを数分くらいの短いスパンで行う使い方をしています。いたって普通の使い方ですね。

ところが、最近になって気付きました。

ここ最近、真剣な(あるいは大切な)やり取りにおいては、まるで手紙のように長い文章を長めのスパンでやりとりしているんです。

LINEってメッセージを開くと「既読」状態が相手に通知されてしまうんですね。暇だと思われるのは嫌なので(?)、メッセージが届いてからしばらくは、一覧画面に表示されるわずか2行程度の一部表示を読むにとどめておきます。

本当はすぐにでも全文を読んで、一刻も早く返信したいのですが、そうしないのが暗黙の了解です(苦笑)

だいたい1日に1回のやり取りなのですが、メッセージを開いてから返事を考えて送信するまで約30分かかります。
これはLINE本来の使用法としては正しいとは言えないのかもしれませんね…

でも、最近スヌーピーの本を読んでいて、ふと思ったんです。
昔、電話もなかった頃の連絡手段としては、当然「手紙」がポピュラーでした。

それで、そのスヌーピーのセリフというのががこちら:

I wonder if there’s anything worse than waiting by your mailbox all day for a love letter..

ラブレターを待って一日中郵便受けのそばにいるよりもっとひどいことってあるのかなぁ…?

なるほど。だから、手紙のやり取りに比べればLINEなんてずっと高速で送受信できるし、届くのを今か今かと待ちわびる必要もないわけです。

それでもやっぱり、まだ返事はこないのかなぁとドキドキする気持ちは、今も昔も同じなんですねぇ…

なんてことをしみじみと考えている今日この頃です。

実は明日から期末テストなのですが、ほとんどまったくと言っていいほど勉強がはかどっておりません(笑)
でもまぁ、テストの点より大切なこともたくさんあるよなぁ〜と思い込むことで気を紛らわせています…

とりあえず今日はこの辺りで失礼します。
それではまたいつかお会いしましょう。